交渉について

交通事故の損害賠償や慰謝料など、お金が絡んでくると当事者同士での話し合いが難しくなります。加害者はできるだけ出費を抑えたい、被害者はできるだけ多く搾り取ってやろうなどと考えがちです。

万一の事故に備えて自賠責保険に加入しますが、自賠責保険だけではまかないきれない事も多いので、任意保険にも加入します。もしも事故を起こしても、任意保険の担当者が交渉してくれるので安心です。しかし何もかも保険会社に任せっきりにしていると、保険会社同士で話し合いが進められてしまい、予想よりも賠償金や慰謝料がもらえなかったというケースが多いのをご存知でしょうか。

これは加害者と被害者が加入している保険会社が同じ保険会社というケースに多い事です。加害者と被害者が、偶然同じ保険会社でそれぞれに保険に加入している場合、示談交渉では、お互い損失は少ない方がいいと考えますので、当事者の知らないところで、安い金額で示談が成立してしまう事もあります。

示談交渉は保険会社に任せっきりにせず、自分もある程度状況を把握しておく事が大切です。保険を支払うのはほとんどが加害者の方が加入している保険会社ですから、加害者側のに有利になるような交渉が行われます。被害者にとってはアウェーの状態ですから、示談金額に納得できない場合は弁護士に相談してみましょう。