保険会社が介入できない例

交通事故を起こして、自動車保険で補償を賄う時、加害者と被害者が加入している保険会社の担当が、当事者に代わって示談交渉を進めていきます。しかし交通事故によっては、保険会社が示談交渉できないケースがあります。

保険会社が示談交渉に介入できないのは、被害者の過失が0の場合です。例えば加害者が赤信号を無視してぶつかった事故という場合、被害者には過失がないとされるので加害者が100%の過失となります。この場合加害者側の保険会社は示談交渉ができますが、過失がない被害者側の保険会社は示談の代行ができません。これは法律で決まっている事です。しかしこれではせっかく保険に加入しているのに意味がありません。

この場合は弁護士に依頼すれば示談交渉を代行してくれますが、弁護士費用がかかってしまいます。こういう時に備えて、保険に「弁護士費用特約」を追加しておきましょう。被害者となり過失が0の場合、弁護士費用を保険で賄えるので、気兼ねなく弁護士に依頼できます。これなら被害者となり過失が全くなく、相手が100%悪くでも、被害者が直接保険屋を相手に交渉するという事もありませんし、法律のプロが代行してくれるし、その費用も保険で賄えるから安心です。

最近は「弁護士費用特約」を付ける人も多いので、いざという時のために保険を見直してみるのもいいかもしれません。