交通事故で保険を使う

交通事故を起こした時に備えて自動車保険に加入します。車を購入する時に強制的に加入する「自賠責保険」の他に、任意で加入する「任意保険」があります。任意保険は絶対に加入しなければいけないという決まりはないのもの、交通事故を起こした時、自賠責保険だけでは不安も多いため、多くの人が加入しています。

プランにより補償内容は異なりますので、月々支払う保険料も変わってきます。当然の事ながら、補償が充実しているほど月々の保険料は高くなります。しかし大きな事故を起こしてしまった時も、ほとんどを保険でカバーできるのは安心です。

自分が加害者になった場合は、保険会社が示談交渉をしてくれるので安心です。加害者は仮に被害者にも非があっても、被害者に対して強い事は言えませんが、被害者は怒ったり感情的になったりする事も多く、当事者同士では冷静な話ができません。こういう時も保険会社の人が示談交渉をしてくれると安心です。

月々高い保険料を支払っていても、いざ事故を起こすと、保険会社はできるだけ損失を最小限に食い止めたいというのが正直なところですから、保険会社が提示する賠償額はかなり低めにしています。加害者の場合は保険会社がすべて代行してくれるので安心ですし。賠償額がどうであれ保険で賄えるのならそれで納得できます。

しかし被害者は想像よりも安い金額を提示されると、感情的になる事もあります。こういう時も保険会社の人なら冷静に話ができます。